2015年7月18日号。<南部陽一郎先生逝く。アインシュタイン、ボーアに匹敵する巨星を極東の島国が生んだ奇跡>。

2015年7月18日号。<南部陽一郎先生逝く。アインシュタイン、ボーアに匹敵する巨星を極東の島国が生んだ奇跡>。  4時起床。  南部陽一郎先生が亡くなられた。94歳。量子力学が好きな私としては大きな衝撃である。いつもニコニコしておられる南部先生は、なんだか永遠に生きておられるような気がしていた。しかし先生とても、宇宙の大きな量子の循環の中ではその法則から逃れることはできなかったのだ。  <ノーベル物理学賞の南部陽一郎さん死去>  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150717/k10010156191000.html  <物質を構成する「素粒子」の理論的な研究に取り組み、7年前の平成20年に、ノーベル物理学賞を受賞したアメリカ・シカゴ大学名誉教授の南部陽一郎さんが、今月5日、急性心筋梗塞のため亡くなりました。94歳でした。>  大阪の病院で亡くなられたと

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。