2015年6月13日号。<いいねいいね。二人とも知っているだけに。メッセ黒田君、国生さんに行ったかあ。ちょっと悔しい(笑)>。

2015年6月13日号。<いいねいいね。二人とも知っているだけに。メッセ黒田君、国生さんに行ったかあ。ちょっと悔しい(笑)>。  3時半起床。  鬱病というのがここまでひとの人生を奪うものだとはなってみなくてはわからなかった。生活と仕事が危うい。以前も書いたが、私の場合はいいかげんな日々を送っているのでなんとかなるが、会社に通っている人は大変だろうなあ。昨日、何をやったか思い出せないのである。布団の中で「何かやったよなあ」とぼーっと考えていても全く思いつかない。起き上がってカバンをゴソゴソとさぐると書類が出て来る。出席者のリストがある。ああ、そうか、灘校の同窓会だったんだ、と。これ、もうひとつお役立ちは前日の自分の日記を読むことです(笑)。そこに同窓会に出ると書いてあった。しかしそんなことも忘れてしまうのだ。  危ないのは締め切りが飛ぶことである。私、こう見えても締め切りだけは厳格に守って

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。