2015年5月8日号。<難しいところだけれども。あの猿は「シャーロット」でも良かったのではないかなあ。日本人の心性について少し考える>。

2015年5月8日号。<難しいところだけれども。あの猿は「シャーロット」でも良かったのではないかなあ。日本人の心性について少し考える>。  3時起床。  楽しいのだろう、きっと。自分でもよくわけがわからなくなっている。もし私よりも歳下の方が読んで下さっているのなら、自分が54歳の時を想像してみて下さい。おそらく、それは外れている(ごめん・笑)。  私は自分の人生を設計して生きてきた。なかなかできるものではないと自負している。そりゃあ、途中は無茶苦茶だが、意外と「出口」はわかっているのである。そうでないと、戦場で生きてはいけない。だがそんなものはまったく無力だとわかる。薫風ふきわたる都心の、まあまあ上等な部屋にいる。連休のはじめのころは、軽井沢に建てた自宅にも帰った。しかし「誰もいない」。これはちょっと想像していなかったですね。と同時に自分の下品さにもあらためて気がついた。「こういう装置があ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。