2015年3月11日号。<大震災、原発事故4周年。「被災地の復興」と「日本経済の復活」は車の両輪である>。

2015年3月11日号。<大震災、原発事故4周年。「被災地の復興」と「日本経済の復活」は車の両輪である>。  3時半起床。  4年目の3月11日が巡ってきた。東日本大震災で亡くなられた方々に心から哀悼の意を捧げるとともに、福島原発事事故も含めて、今なお避難生活を続ける人々にお見舞いを申し上げたい。また、復興に邁進する勇士たちに、応援のエールを送りたい。  それぞれの人々にそれぞれの記憶があるだろう。そのほとんどは痛みをともなうものに違いなく、そのことを思うと、胸がふさがれる。いま、私の上にいろいろと起きているからなおさら。  当時の私はといえば『たかじんのそこまで言って委員会』の1本目と2本目の収録の合間の休みに、揺れを感じたのだった。距離と震度をほぼ正確に言い当てたが、津波のことは実はまったく頭になかった。帰京したあと、私はとりつかれたように、この日記の号外を出し続けた。そのことを今でも

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。