2015年1月18日号。<私にとってはやはり「特別な日」であるのだなあと、有り難くも神戸で話をさせてもらって感じました>。

2015年1月18日号。<私にとってはやはり「特別な日」であるのだなあと、有り難くも神戸で話をさせてもらって感じました>。  4時起床。  それは小さな奇跡のように私には思われた。読売テレビでの『あさパラ!』の出演を終え、恒例の新年会に少しだけ顔を出して、ハイヒールのリンゴさんとモモコさんの隣で笑い転げながら馬鹿話をしたあと、飛び出した。急に顔が引き締まる。そうだ、今から私は神戸に向かうのだ。1月17日の「あの」神戸に。午後から講演があるのである。  外は小雨が降っていた。タクシーのフロントグラスに霧のような雨がしきりにへばりつく。陰鬱といっていい空模様で、慰霊の日には相応しいかなと私は感じていた。法円坂入り口から乗ってやがて阪神高速へと入る。その時だった。ふと私は何か大きな「変化」が自分の目の前で起きていることに気づいた。最初は何だかわからなかった。隣に座るマネジャーのT-1君に「神戸は

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。