2014年12月9日号。<ノーベル賞の講演で「ある日、ごくまれに」という碩学を持つ、日のもとの美しき言霊の国よ>。

2014年12月9日号。<ノーベル賞の講演で「ある日、ごくまれに」という碩学を持つ、日のもとの美しき言霊の国よ>。  3時半起床。大阪。  この日記の実際の執筆を始める2時間以上前に起きるのは世界中のニュースを検索するためもあるがもうひとつ「おやつ」のような楽しみがある。「私についての評判」を見るのである。  これを酔っぱらって雑談の中で言うとほとんどの人がひく。「アタマおかしいんとちゃう?」「そういうの、嫌じゃないですか」と。あんたの方がおかしい。自分を世間というものがどう見ているかを知らずして人生は生きていけないでしょう。「軍事を知らずにして平和は語れない」のとおなじく「オノレの評価を知らずして人にモノを語るなかれ」だ。自分がどう見られているかを客観的に観察できない人というのは、それまでだ。私の場合、自分は商品である。商品がどう売れているか評判があるかを知るのは、マーケッティングの基本

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。