2014年10月22日号。<カネはなくとも言霊が元気なのは今や地方だよ。福岡のみなさま、ワタクシ、テレビにたちまち明日より復帰>。

2014年10月22日号。<カネはなくとも言霊が元気なのは今や地方だよ。福岡のみなさま、ワタクシ、テレビにたちまち明日より復帰>。  4時起床。東京は冷たい雨が音を立てて降りしきっている。気温も15度程度から上がらないようで、冬の前髪が見えてきた感じだ。でも、そうだとすると秋らしい秋ってなかったような気も。  拙著『獺祭』の書評が出始めて来た。玄人筋のウケはなかなかいいようで、インタビューの申し込みなどもポツリポツリと。昨日発売の『サンデー毎日』から。  <「当たり前」をやめると道が開ける>  http://mainichi.jp/feature/news/20141021org00m040020000c.html  読んでいただくとわかると思うが、蔵を書店に例えるなど、いかにも書店員らしい分析に感謝。私の肩書は間違っているけど(苦笑)。評者は実はかなり書店については際どいことを書いておら

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。