2014年9月16日号。<ひとがものを書くというのは畢竟、愛している人の物語を綴りたいからではないだろうか。いまだ至らず>。

2014年9月16日号。<ひとがものを書くというのは畢竟、愛している人の物語を綴りたいからではないだろうか。いまだ至らず>。 3時起床。大阪。  「あんたが、あんまりしつこく『世の中の良民常民が、さて、頑張って今週も 働くか、という月曜日に、談合して一斉に休むなよ』などと言い続けたからだ よ」とある新聞社の幹部に言われたが、まさか(笑)。今回の新聞休刊日は火曜 日でしたね。関係者はこれで4連休だ。それはそれで、なかなか楽しいことでは ないですか。何度でも言うが「うちはいつも通り、月曜日に休みます。連休あけ からちゃんと新聞を出します」というところがあってもいいと思うんですがね。  不思議なもので、移動をともなうからむしろ疲れると思うのだが、軽井沢に 帰って来ると、そのあとの体調がいい。「地霊」なんて信じない方なのだが、な ぜかあの時に引き寄せられて家を建て、そこで何時間かじ~っと(ホントに

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。