2014年8月15日号。<季節ものの「戦史あるある」とはいえソ連が和平の仲介を成し得たという史観を無批判に報じることそのものが平和ボケ>。

2014年8月15日号。<季節ものの「戦史あるある」とはいえソ連が和平の仲介を成し得たという史観を無批判に報じることそのものが平和ボケ>。  3時半起床。  8月15日だ。靖国神社には少し前にお参りしてきた。最近では、これでいいのかなあと思っている。15日の喧騒はそれはそれで嬉しいが、近くに住んでいるものとしては、日常の中にお参りの心があるように心がけていて、それでお許し願いたいと願っている。  この日記は日本で15日の「お盆ネタ」が出る前に書いているので、それらを拾って揶揄することができないのが少し残念だ。どうせ塩漬けにしているのなら、少し早めに私に小出しにしてくれないか。  とはいえ、やはり揶揄するのである(笑)。「独自に見つけたネタ」がなんでこうカブるんだ?「お盆前日あたりに出しましょうか」という記者クラブ談合かと疑うね。  <旧ソ連仲介で日中戦争終結/指示の外交公電現存>  htt

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。