2014年2月13日号。<朝日新聞の「憎韓」記事をさっそく韓国紙が報道。おなじみ反日キャッチボールの素早さよ>。

2014年2月13日号。<朝日新聞の「憎韓」記事をさっそく韓国紙が報道。おなじみ反日キャッチボールの素早さよ>。  4時起床。  ソチとの時差がイカンのですね。どうしても朝から前夜の五輪の結果が膨大な情報量で流れ込んで来る。私はベッドサイドにメモを置いていて、ときどき書いたり見たりかながら、目覚めてから数分間「今日の日記はあれをトップに持っていくか」などと考えているのだが、ウェブのニュース、やがては新聞やテレビから流れだしてくる膨大な試合結果を見ると、どうしてもそっちに引っぱられてしまうのですよ。まあ4年に一度のことだから、期間中はお許し願いますか。もちろん「わたし的に」大事件があったならば、トップからガンガンいきますから。  ときどき書いてきたが、そもそもオリンピックというのは欧州の貴族の遊びだった。中でも冬季五輪は「南の方の後進国」には昔は縁がなかっただけに、貴族性が高い。だから「南や

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。