2014年2月6日号。<佐村河内守「代作」事件の、伏線がからみあう小説のような重層的構造を読み解いてみた>。

2014年2月6日号。<佐村河内守「代作」事件の、伏線がからみあう小説のような重層的構造を読み解いてみた>。  4時起床。  どうしようか。さすがにちょっと躊躇した。まだ外は真っ暗だ。気温は東京でも零下という今年屈指の冷え込みらしい。コンビニまでは微妙に遠い。  しかし私はスニーカーをはくと、えい、と飛び出した。走ると空気が頬に刺さるように痛い。身体が暖まってくるころコンビニに着く。棚から『週刊文春』をひったくるとカネを払い、また走って戻って部屋に飛び込んだ。暖房の中にいると暑いくらいだ。  そうまでして『週刊文春』を買いに行ったのは昨日から佐村河内守さんの「代作」事件を調べていて『週刊文春』のスクープがすべてのきっかけだとわかったからだ。今朝の日記に盛り込むためには仕事場に届くのを待っていては間に合わない。あなたや、あなたへの責務を果たすために、夜明け前の街へ走り出したのだ。意外と勤勉で

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。