2014年1月24日号。<松陰の辞世の句発見。朝鮮人テロリストが殺したのは、私たちの維新回天でもあったのだと、改めて思う>。

2014年1月24日号。<松陰の辞世の句発見。朝鮮人テロリストが殺したのは、私たちの維新回天でもあったのだと、改めて思う>。  4時起床。  忙しい忙しいと言いながら、今週の私はよく寝ている。いや、寝ないと危ないと身体が要求しているのかも知れない。昨夜、ベッドに入ったのがなんと19時。9時間の睡眠というのは、私にとっては大事件である。  とはいえ、軽井沢の自宅での時間は、たとえそれが仕事のためであっても、昨日ここで書いたように、私を回復させてくれる。朝から日の出を見ながら日記を書いて送ったあと『天国のいちばん底』の残り半分にとりかかる。自宅ではのんびりしたいので、これは週末の関西で追い込むしかないと考えていたのだが、するすると筆が進む。そこにこもって小説を書く人生を送ろうと計画して建てた家だけに、背中を押してくれる精霊が棲みついているのかも知れない。  ちょうど書き上げた13時に、長野朝日

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。