2013年10月1日号。<山崎豊子さん逝く。司馬遼太郎さんとはひとつ違い。二人を地元の新聞社が生んだ、大阪の文化が豊かだった時代>。

2013年10月1日号。<山崎豊子さん逝く。司馬遼太郎さんとはひとつ違い。二人を地元の新聞社が生んだ、大阪の文化が豊かだった時代>。  4時起床。神戸。  新しい月の始まりとともに、私の新しい番組もお知らせしよう。サンテレビで毎週土曜日、午後11時半からオンエアする1時間番組『カツヤマサヒコSHOW』である。  あ~あ、やっちまった(笑)。  まあ『たかじんのそこまで言って委員会』をクビになってヒマになったので。小人閑居して不善をなす、だ。わはははは。  今日の午後、最初の収録をする。オンエア1回目は12日。初回のゲストは百田尚樹さんだ。豪華でしょ?  そうなんです。「私の番組」がようやく出来そうなんです。ここでも書いてきたように、テレビ屋さんとつきあうのがちょっとしんどくなってきていたので『委員会』がなくなったのをいい機会に、小説書きにスタンスをもっと移そうと考えていた。ところがサンテレ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。