2013年6月19日号。<小泉進次郎の人気の根っこには「今風の怪しげなものへの懐疑」があるのかも知れないな>。

2013年6月19日号。<小泉進次郎の人気の根っこには「今風の怪しげなものへの懐疑」があるのかも知れないな>。  4時起床。  新聞をとりに出るとモワッと湿気が身体を包む。アジアを渡り歩いてきた私は、こういう空気の中で育ってきたはずなのだが、日本の梅雨時のそれは、いちばん身体にこたえるなあ。  今週の練習を昨日ジムではじめたが、ここまでガマンして着ていた上下のウインドブレーカーをとうとう脱いだ。熱中症の予感がしたからだ。短パンとTシャツではしかし、身体が軽すぎる。いつもは1、2度はひっかかる、ロープ1600回が軽々とノーミスで飛べてしまう。どうも拍子抜けで、今日からはもういちど着てみようかな。  練習を終えて地下鉄で四ツ谷へ。「酒肴 味」という店で東良美季さんと待ち合わせる。駅から少し離れ、呑み屋街も途切れたあたりの路地にあるこの店、昭和の香りがただよう街場の居酒屋佇まいなのだが、以前から

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。