2013年4月12日号。<皇太子殿下、ご結婚をお決めになられた時のあの果敢さをお持ちではないですか>。

2013年4月12日号。<皇太子殿下、ご結婚をお決めになられた時のあの果敢さをお持ちではないですか>。  4時半起床。  新聞を読む時、私は1面のあと前の方から順にめくっていく。記者だった頃は、後ろからだった。事件事故、そして訃報欄が私たちの仕事には必須なものだったからだ。  これはと思う記事があれば、まずは編集部に向かった。携帯電話などない頃は、ひとは動かなくてはいけなかった。訃報欄というのも意外と大切で、あのころの週刊誌などは文化にかかわる方が亡くなると、丁寧な追悼記事をよく載せたものだ。そういう日本人の優しさがメディアからも消えている。  今朝も私は朝日新聞を前から丁寧に読んでいた。経済面、国際面と読み進み、1時間ほどで社会面に来た。最近ではむしろ、社会面で拾ってここで分析するような記事はほとんどない。唯一の例外は訃報欄で、よく意外な方が亡くなったことを知る。  しかし今朝は知ったな

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。