2013年2月2日号。<これからの一週間は拉致された同胞を奪還するための正念場だという海外からの指摘>。

2013年2月2日号。<これからの一週間は拉致された同胞を奪還するための正念場だという海外からの指摘>。  4時半起床。  ちょっと祈念したいことがあって、昼前に靖国神社に参拝した。  拙宅から神社までは15分ほど。もっとも私の歩き方はほとんど走っているようなものなので普通の方ならもう少しかかるかも知れない。皇居にほど近い、まことに心地よい散歩道である。  しかし境内に入るとそれとはまた別の爽快さが身体を包む。多くは冬枯れだが漂う樹々の香りもさることながら、しん、とした空気は同じ神社でもよそにはないものだ。  拝殿でまずは英霊に日本国の雄々しく安らかなることを祈念したあと、ささやかな願い事をした。自分に関することではむろんない。自分のことは自分が切り開くしかない。誰にとってもそうであって、だから人にとっての良かれを私もまた、祈るしかないのだ。神仏とはそういうものだと思っている。  拝殿の周

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。