2012年11月11日号。<博多でニアミスした野田首相の「存在の耐えられない馬鹿さ」について>。

2012年11月11日号。<博多でニアミスした野田首相の「存在の耐えられない馬鹿さ」について>。  4時起床。  博多では野田佳彦首相と「すれ違い」だった。  <野田首相、衆院選行脚?/中小企業対策をアピール>  http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_545697  <野田佳彦首相は10日午前、福岡市を訪れ、博多区の商店街を視察するとともに、中小企業経営者と意見交換し、中小企業対策について説明した。年内の衆院解散を視野に入れた「事実上の選挙行脚」(民主党若手)との見方も出ている。午後は、民主党が福岡市内で開く「政策進捗(しんちょく)報告会」に出席した。  首相は博多区の川端商店街で刺しゅう店に立ち寄り、「明日への責任」「決断する政治」の文字を刺しゅうした帽子を購入。その後、中小企業の若手経営者らと懇談した。出席者からは「消費増税で消費が冷え込むのでは」

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。