2012年11月6日号。<秘境や辺地へは苦しいアプローチのうちに心構えと順応ができるのだと思う>。

3時起床。尼崎の実家。  完全にやられたと思った。絶対に窓側のベッドには寝ないのに、油断したと。  実家だなんて思い出せない。ここはシェムレアップだったか、バグダッドだったか、テルアビブだったか…。目をあけて畳の上に寝ていることを知り、ああ日本のそれも尼崎の座敷牢だと知ってヘナヘナとなった。時計を見ると午前2時。  爆発音に敏感に反応してしまうのは、これはもう仕方がないのである。ドッカーンだけではない。街を歩いていて車などがパン、という音を出すとそれだけでパッと頭が下がる。カメラマンは持っているものが銃に似ているし、常にあたりを見回しているので、戦闘員に間違われやすいのだ。まあ、私は特に臆病なのだが。  しかし昨夜は違った。閉じた瞼の裏に閃光がぱあっと広がってしばらくしてドッカーン。こりゃあ、どう考えても砲撃でしょう。  雷なのであった。酔っぱらってカーテンを閉めずに寝ているところへ、猛烈

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。