2010年10月6日号。<仙谷談話に対抗して言っておくと「支那とつきあって良かったことは、過去なにひとつありません」>。

 2010年10月6日号。<仙谷談話に対抗して言っておくと「支那とつきあって良かったことは、過去なにひとつありません」>。  4時起床。大阪。  今週はほとんど東京にいないので身体を動かす機会がない。3日ほどもそうしていると細胞が痛んでくるような感覚があるので、夜明けの街に走りに出る。  まだ少し闇が溜まっている地面の上に漂うのは金木犀の香りだ。その空気を足がかき混ぜていくのである。ようやく差しはじめた太陽の光はまだ私に直接届くことはなく、ビルの側面を赤く照らしている。  月曜日火曜日と早朝からの仕事が続いた。切れ切れの睡眠をとっただけで、身体は疲弊しきっている。昨日は『あらラジ!』を終えてそのまま羽田空港に行き、ラウンジで『日経パソコン』を書き上げて時計を見るとまだ9時半だった。普通の方ならば、会社に行く途中だ(笑)。大阪に着きホテルで『Meets』の連載を入れて夕方から堺市へ。1時間半

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。