2008年4月3日号。<青森で殺された9歳の少年が遺した詩の、気になるあまりにうますぎるテクニック>。

 2008年4月3日号。<青森で殺された9歳の少年が遺した詩の、気になるあまりにうますぎるテクニック>。  5時起床。  思わぬ波紋を拡げてしまった四月馬鹿。まだ前半だけ読んで信じてしまった方からのメールが来るようだ。  繰り返しますが「立候補」は四月馬鹿です。騙されてしまった方、すみません。  ちなみに今日発売の『週刊新潮』の後半の「テンポ」欄に今回の騒ぎが書かれています。あなたや、あなたも体験した出来事を週刊誌で読むのも一興。ご覧下さい。  やっとパソコンが戻ってきた。やはり使い慣れたマシンは楽だ。ここ3週間ほど、古いマシンを引っ張りだして、毎朝まさに綱渡りでヒヤヒヤしながら、この日記をお届けしていた。  古いと言っても富士通が「ガラパゴス・モデル」(泣)である親指シフトで画期的な新しい製品を開発するわけもなく、機能的には修理に出したものと何らかわらない。ワープロとして使う分には充分だ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。