2008年3月21日号。<「天気晴朗ナレド波高シ」江田島にて海の防人たちの門出を祝す>。

 2008年3月21日号。<「天気晴朗ナレド波高シ」江田島にて海の防人たちの門出を祝す>。  4時半起床。広島市。  3月20日1010(ヒトマルヒトマルと読んで下さい)私は江田島の海上自衛隊幹部候補生学校  http://www.mod.go.jp/msdf/mocs/mocs/index.htm  の大講堂にいた。帝国海軍の時代からの伝統ある建物である。そこでの卒業式に招かれたのだ。  風の強い日であった。  しかし、陽光は時に明るい。まさに「天気晴朗ナレド波高シ」だと空を見る。  千切れ流れ来る雲が太陽と競い、大きな窓から光が入ったり消えたりするのである。その都度、白亜に塗られた高い天井を柔らかな光が回り、豊かな明るさに室内が満たされるのであった。  第58期一般幹部候補生と第60期飛行幹部候補生たちは背筋を伸ばして講堂の中央に固まって座り、後方には大勢の父兄がおられた。生徒一人につ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。