2008年2月2日号。<発表のタイムラグ、パッケージの穴。支那の毒餃子事件には情報操作の匂いがする>。

 2008年2月2日号。<発表のタイムラグ、パッケージの穴。支那の毒餃子事件には情報操作の匂いがする>。  4時半起床。  昨日『たかじんのそこまで言って委員会』の収録のために大阪の読売テレビに到着したら、ちょうど出演する橋下徹次期知事も着いたところだった。昨日も書いたが、彼のスケジュールにあわせて、私たちは1時間早く局にやって来たのである。  「やあ」ってな感じで一緒に階段を上がったが、橋下さんフラフラと一人で歩いている。「警備はついていないの?」と聞くと「そんなのありませんよ」。  「それはマズいよ」と私は言った。「個人的にボディガードを雇った方がいいよ。弁護士事務所の方が稼いでいる金使ってさ(笑)」「そうなんですよ」橋下さんも真顔だ。  田中康夫さんの時も、私はとても心配だった。「知事にあるのは、権力ではなく県民益のために奉仕するための権威である」が座右の銘だった田中さんは、護衛どこ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。